ドックヤード・プロジェクションマッピング くるみ割り人形とめぐる夢の物語。

※写真はイメージです

ドックヤード プロジェクションマッピング

プロジェクション・マッピングで繰り広げられる
クララとくるみ割り人形の不思議な空想の物語

クリスマスのバレエ組曲として人気の“くるみ割り人形”の物語をモチーフにした
180度体感型プロジェクションマッピング。ドックヤード・プロジェクションマッピングならではの演出で
展開される迫力ある映像を、“くるみ割り人形”の名曲とともにご覧いただけます。
クリスマス・イブの夜に繰り広げられるクララとくるみ割り人形の不思議な冒険の世界をお楽しみください。

キャラクター

世界で愛される名作“くるみ割り人形”

しんしんと雪が降り積もるクリスマス・イブの夜。耳を澄ますと、どこからともなく不思議な音楽が聞こえてきます。
シュタールバウム家では、盛大なクリスマスパーティーが開かれていました。大人たちはダンスを楽しみ。
子供たちも楽しく遊んでいます。少女クララへのクリスマスプレゼントはくるみ割り人形。
大広間の時計が12時を指したとき…、クララとくるみ割り人形の不思議な冒険が始まります。

※写真はイメージです

シュタールバウム家の大広間

中央に大きなクリスマスツリーがあるシュタールバウム家の大広間。
親戚一同が集まってのクリスマスパーティ。
くるみ割り人形がプレゼントされ嬉しくて踊る主人公のクララ。
しかし男の子と取り合いになり、人形は壊れてしまう。

※写真はイメージです

ねずみの王様との戦い

シュタールバウム家の大広間の時計が12時を指したとき、突然クララがくるみ割り人形と同じ大きさに。
突然ネズミの大群が押し寄せ、くるみ割り人形とねずみの王様の戦いが繰り広げられる。

※写真はイメージです

ソリにのってお菓子の国に向かうクララと王子様

ねずみの王様との戦いに勝利して王子の姿に戻ったくるみ割り人形。
王子とクララはソリにのって雪の精が踊る森を抜けてお菓子の国の魔法の城へと向かっていく。

※写真はイメージです

お菓子の国の魔法の城

雪の精が踊る森を抜けるとそこには色鮮やかなお菓子の国の魔法の城が。

※写真はイメージです

魔法の城の広間で行われるパーティー

魔法の城の広間ではチョコレートの精やこんぺい糖の精、花の精たちが現れ、
歓待の宴が繰り広げられる。

映像作家・ディレクター  牧野 惇(まきの あつし) 1982年生まれ。チェコの美術大学UMPRUM のTV&Film Graphic 学科にてアニメーションを学んだのち、東京藝術大学大学院映像研究科
アニメーション専攻修了。ドローイングアニメーションからパペット、ロトスコープ、コマ撮りなど多様な技法を採用し、媒体を問わず活躍中。
Annecy International Animated Film Festival、ANIFILM、Golden Kuker-Sofia 上映多数。福井県出身であり、福井ブランド大使も務める。