施設紹介

横浜ランドマークタワーの施設をご紹介いたします。

ドックヤードガーデン施設概要

時を超え、生まれ変わった「ドックヤードガーデン」(国重要文化財)

「みなとみらい21」の玄関口にそびえる横浜ランドマークタワー。

その敷地内には、日本に現存する商船用石造りドックとしては、もっとも古い「旧横浜船渠第2号ドック」がありました。
このドックを後世に伝えるべき資産として復元して生まれたのが
「DOCKYARD GARDEN(ドックヤードガーデン)」です。

未来に向かってこの価値ある文化資産は、新しい横浜のシンボルとして、また人々のコミュニケーションスペースとして広く利用されています。

港と共に発展を遂げた横浜。

明治19年(1886)に横浜財界人が「横浜桟橋会社盟約」をなし、その計画を英国人H.S.パーマー氏に委嘱したことに始まる横浜築港計画です。

パーマー氏は、港の経営には築港事業はもとより船渠と倉庫などの港湾関連施設の整備の必要性を説いています。これを受けて設立された「横浜船渠株式会社」は、2つの石造りドックを中心に本格的な船舶修理設備を整え、横浜港発展の基礎を造りました。

第2号ドックは、海軍技師 恒川柳作氏の設計により、明治29年(1896)に竣工。 現存する商船用石造りドックの中では日本最古となります。

以来、明治・大正・昭和を通じて港町「横浜」の発展と共に活躍してきたこのドックは、昭和40年代に入り、船の大型化、小型船修繕の中小造船所への移行等により使用頻度が急速に低下。昭和48年にその機能を停止することになりました。

そして平成5年(1993)、横浜ランドマークタワーの敷地内に再生され、平成9 年(1997)12月に国重要文化財に指定されました。

ドックヤードガーデンの構造
全長 : 約107m 上端幅約29m
深さ : 約10m
石材の種類 : 真鶴、伊豆地方の堅石である本小松石、新小松石、及び六ヶ村石
石積方法 : ブラフ積み(直方体の石の長い面と短い面を交互に見せながら積み上げていく方法。
頑丈な石の壁を作れる技術は明治時代に西洋から学んだもの。
形態構成 : 渠頭部、本渠部、渠口部、扉船からなる

開発構想

1889 [明治22年] 有限会社横浜船渠設立、明治26年(1893)横浜船渠株式会社となる
1895 [明治28年1月] 第2号ドック着工
1896 [明治29年12月] 第2号ドック竣工
1898 [明治31年12月] 第1号ドック竣工
1935 [昭和10年11月] 横浜船渠(株)、三菱重工業(株)に合併し同社横浜船渠となる
昭和39年(1964)三菱重工業(株)横浜造船所と改称
1960 [昭和35年]〜
1965 [昭和40年頃]
捕鯨の盛んな時期にキャッチャーボード等の小型修繕用ドックとして使用
1973 [昭和48年11月] 第2号ドック機能停止。扉船をはずす
1982 [昭和57年11月] 三菱重工業(株)横浜造船所、本牧・金沢へ移転
1983 [昭和58年3月] 三菱地所、三菱重工業(株)より横浜造船所跡地を取得
1983 [昭和58年11月] みなとみらい21中央地区区画整理事業起工
1987 [昭和62年3月] みなとみらい21中央地区埋立地工事第1工区完了。第2号ドック、閉水域となる
1989 [平成元年4月] 横浜市より「歴史的建造物」の認定を受ける
1990 [平成2年1月 ] 旧横浜船渠第2号ドック解体調査開始
1990 [平成2年7月 ] 第2号ドック解体調査完了、復元工事開始
1993 [平成5年7月] 復元工事終了、横浜ランドマークタワー開業
1997 [平成9年12月] 「国重要文化財」に指定
小説にも登場した「ハマのドック」

横浜船渠は、身近な伊勢山、掃部山から眼下に見下ろせる立地にあり、永く「ハマのドック」として市民に親しまれてきました。

横浜ゆかりの小説家、長谷川伸は、少年時代に第2 号ドック建設現場で使い走りをし、その様子を、「ある市井の徒」や「新コ半代記」に描写しています。

また、吉川英治は船具工としてドック内で働き、「かんかん虫は唄う」などに作品化しています。

敷石の下にあった銘板

根気よく丁寧に行われた保全活用調査。

その解体作業の中から、1990年3月24日、着工時に埋めたものと考えられる金属の銘板が出てきました。
底盤先端部の敷石の下から発見されたこの銘板には、「為建基式記念」とあり、他に横浜船渠株式会社の役員名簿等が明記されています。

その中には、ハマのドック建設に功労のあった恒川柳作氏の名前も、設計及び監督技師の肩書きで彫られています。

なお、銘板は第2号ドックを一望できる横浜ランドマークタワー3階オフィスロビーに現在展示してあります。