横浜ランドマークタワーについて

横浜ランドマークタワーの運営会社、プレスリリースや、 ショップ求人情報のお知らせ

プレスリリース一覧

2013年

2013.05.16

国重要文化財「ドックヤードガーデン」で、7月16日(火)開業20周年を記念し、日本初の“180度体感型プロジェクションマッピング”スタート/食のエンタテインメントゾーン「みらい横丁」オープン

三菱地所株式会社と三菱地所ビルマネジメント株式会社は、1993年7月16日に竣工し、今年開業20周年を迎える「横浜ランドマークタワー」にて、7月16日(火)より、国重要文化財に指定されているドックヤードガーデンで最新の空間演出「プロジェクションマッピング」を実施します。かつて造船所のドックであった独特の形状を活かし、高さ約10メートル・横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる、屋外では日本初の“180度体感型プロジェクションマッピング”です。横浜開港から現代、そして未来のみなとみらいまでを表現する横浜ならではのストーリーで、歴史感あふれる冒険がお楽しみいただけます。
  また、同場所地下1階・地下2階には飲食店街「みらい横丁」がオープン。世界各国250種類以上のビールが味わえる『世界のビール博物館 横浜店』や、産地直送の新鮮な野菜や肉、漁港直送の朝採れ鮮魚を豊富に揃えた『海鮮食飲市場 まるかみ食堂』など、神奈川県内初出店を含む12店舗が軒を連ねます。“夜の賑わい”“食のエンタテインメントゾーンの創出”をコンセプトに、昼間の賑やかさに加え、みなとみらいエリアにこれまでなかった“大人のたまり場”が誕生。オフィス就業者、居住者、観光客が集う、昼夜ともに活気のある“世界の港町の酒場横丁”として新たな港町文化の発信を目指します。

プロジェクションマッピング イメージ

リンクリリース一覧へ戻る

リリース全文をダウンロードする

リリース全文 File Size:447.77 KB

03-3479-3873
get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくにあたって

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。 お持ちでない場合は、Adobe社のWebサイトよりダウンロード、インストールして下さい。